当院は予約制となっております。(当日予約可)
電話もしくはメールにてご予約ください。
メールの場合は、「お名前、連絡先(携帯番号)、希望日時」をご記入ください。
確認後、折り返しお返事いたします。



※税込み金額です。
※当院にてご用意しております。ご希望の着衣があればお持ちください。


(最終受付14時)

(最終受付15時)
休み

※予約制(当日予約可)
※祝日は最終受付16時(都合により休業)

10時〜21時(最終受付20時)
※急患の場合はご相談ください。(03-6407-8532)

肩こり、肘痛(テニス肘、野球肘)、腰痛(慢性腰痛、ぎっくり腰)、坐骨神経痛、股関節痛(先天性股関節脱臼)、膝痛、頭痛、ヘルニア、肩関節周囲炎(五十肩)、腱鞘炎、足底痛(足底筋膜炎)、生理痛、月経前症候群、便秘、頻尿、等々

○ 膝の痛み

50代女性、アマチュア社交ダンス競技者
練習中に左膝内側痛を発症し、整形外科を受診。
関節軟骨がすり減り、バリが出ている為の痛みと診断。手術を勧められる。手術はしたくない為、知人の紹介により、来院。
問診及び、触診の結果、殿筋の緊張・一部癒着の結果、腸脛靭帯、大腿二頭筋を緊張させ、膝を圧迫している為に、膝の内側に痛みが出ていると判断。
施術は殿筋、特に中殿筋を主とし、更にハムストリングス起始部を施術して、膝への緊張をとった。一回の施術で痛みが半減し、週一回の施術で、5回目には痛み消失。ただし、膝が完全に伸びきっていない状態だったため、更に数回施術をしたところ、膝も完全に伸展状態になった。
このように、整形外科で手術を勧められたが、筋膜マッサージで改善される事例は多く見られます。これは、画像診断によって見られる状態が、膝の痛みの主原因ではないという一例です。また膝が腫れ一般で言う「膝に水が溜まる」という症状の多くは膝に原因があるのではなく、殿筋の緊張や癒着が原因です。この場合も、水を抜かずに完治させるのは決して難しいことではありません。上記と同じ施術で可能です。


○ 腰部椎間板ヘルニア

30代男性、プロスポーツ選手
腰痛に悩まされ、整形外科で、椎間板ヘルニアと診断を受け手術を勧められるが、身体にメスを入れたことによる、その後の選手生活への影響を考え、ためらっていたところ、知人の紹介で来院。
問診、検査の結果、繊維輪の亀裂による、髄核の脱出ではなく、長年のトレーニングの結果、腰椎に対する圧迫によって椎間板か押しつぶされ、外に膨らんでしまい、神経を刺激したものと判断。
施術は、腰部脊柱起立筋、腰方形筋、大殿筋、中殿筋、腸腰筋を中心に施術。特に、中殿筋と腰方形筋の硬さが顕著で、大殿筋、中殿筋の癒着が、腰背筋膜を引っ張り、腰部の緊張が取れないまま練習を続けた結果、ヘルニア様の症状がでていました。 一回目の施術では、大殿筋、中殿筋のみの施術で、痛みの改善が見られ、週一回の施術で10回ほど施術し、その後は、練習をしながら、月に一回から二回程度の施術で、半年通われ、完治しました。
椎間板ヘルニアは、頚部であれ、腰部であれ、椎間板と言う軟骨に亀裂が入って、中央部の髄核と言うゼリー状の物質が、外に脱出して、神経を刺激して起こるものですが、本当に脱出しているものは少なく、圧迫されて押しつぶされているものが多く見られます。このような場合は、筋膜マッサージによって、改善されます。


○ 手首の腱鞘炎

60代男性
永年自転車店を経営していて、自転車の組み立てや、修理によって、強く握り、ひねる動作の繰り返しによって、手首に痛みを覚え、整形外科を受診。腱鞘炎と診断。痛み止めと、理学療法で、通院していたが、一向に改善されず、来院。
触診してみると、肩甲骨の周囲、肩、腕の筋肉が硬く、掌も十分に開かない状態でした。
肩甲骨に付着している、菱形筋、肩関節の三角筋、上腕二頭筋、前腕の屈筋群、伸筋群を緩めた結果、一回で痛みが消えました。その後数回着ていただき、永年の仕事による緊張をとり、痛みから解報されました。ただ、現在も仕事を続けていますので、放っておけばまた痛みが出てきますので、今は、痛くなる予兆があるとお見えになって、前身を緩め、ケアーしています。

Copyright ishii-kinmaku.com All Rights Reserved.